『いのちのとりで裁判に学ぶ わたしたちの「生活保護」』石黒好美さん【ナゴヤビトブックス #28】

ナゴヤに縁のある様々なジャンルの書籍を著者へのインタビューを通じてご紹介する「ナゴヤビトブックス」。第28回は、石黒好美さん著書の『いのちのとりで裁判に学ぶ わたしたちの「生活保護」』(風媒社)をご紹介します。著者の石黒好美さんに、著書についてお話をお伺いしました。

石黒好美さんご経歴
1979年岐阜県生まれ。岐阜大学地域科学部卒業後、印刷会社、IT関連会社勤務の後、障害者・生活困窮者の相談支援などに携わる。日本福祉大学福祉経営学部(通信教育部)を経て社会福祉士に。現在は主にNPOや市民活動、福祉、医療などの分野で執筆。

――本の執筆を手がけられるようになったきっかけは何だったのでしょうか?

もともとホームレス状態にある方や生活に困りごとのある方を応援するボランティア活動に関わっており、生活保護の問題にも関心がありました。元・中日新聞の記者でフリージャーナリストの白井康彦さんに、この問題について色々な人に知ってもらうための本を一緒に作らないかとお声がけいただいたことがきっかけです。

「生活保護」について、専門家や行政で関わる方、当事者と対話するような一冊

――著書『いのちのとりで裁判に学ぶ わたしたちの「生活保護」』はどのような内容でしょうか?

知っているようで知らない「生活保護」という制度について、弁護士、研究者、生活保護を利用して暮らしている方、元・名古屋市の職員で生活保護行政に長く携わっておられた方など、さまざまな立場の方から「生活保護」について語っていただいた本です。ほとんどすべてのページを対談形式でまとめました。いろいろな立場の人と対話するように読んでいただけたらと思っています。
特に、国が「物価の下落率」を根拠に生活保護費を引き下げるという判断をした際に、真っ先にその矛盾に気づき指摘していただいた元・中日新聞記者の白井康彦さんの解説が読みどころです。各地の裁判での勝訴判決の根拠ともなっているロジックを、どこよりも分かりやすくまとめています。

私も元々医療現場で生活保護をうけていらっしゃる方を地域に繋いだりしてサポートしていましたが、この著書を読むまではそこまで深く「生活保護」について考えることはなかったように思います。

専門家や当事者などの生の声をインタビュー形式で載せているというのも、とても興味深かったです。
しゃちほこいざる
しゃちほこいざる

 

――この本を出版したきっかけは何だったのでしょうか?

2013年に決定された生活保護費の引き下げを不当として、全国で1000人を超える人が裁判を起こしていました。(「いのちのとりで裁判」と呼ばれています。)生活保護は日本に住む人の最低生活の基準を決める重要なものなのに、その基準を決める手続きや判断の方法に大きな問題があったと言われています。
各地の裁判を見ていて、重要な問題を扱っているのにあまり注目されないのはなぜだろうと考えました。私たちは生活保護についてほとんど知らないのではないか、あるいは誤解や偏見に満ちたイメージしか持っていないのではないかと考えました。
裁判の内容を理解するためにも、その前に生活保護とは何か、どんな制度で、どんな価値があるのかを私たちが理解する必要があるのではないかと考え、この本を書こうと思いました。

いのちのとりで裁判全国アクションはこちら

著書内で石黒さんが書かれていた『「健康で文化的な最低限度の生活」の基準を定めることは、日本に住む人の生活をどう保障するかということに他なりません。それは、私たちが「どんな暮らしができる国でありたいか」を考えることではないでしょうか。』という文面がかなり印象に残りました。

この「いのちのとりで裁判」は、生活保護をうける方のみでなく、日本という国に住む私たちすべてに関係しているのだなと、勉強になりました。
しゃちほこいざる
しゃちほこいざる

 

――著書『いのちのとりで裁判に学ぶ わたしたちの「生活保護」』の裏話をお聞かせください

名古屋市で生活保護を担当されている若い職員の方が読まれ「仕事で行き詰まっていたが、生活保護法制定時の理念などが分かり、仕事にもやる気が出てきた」という感想をいただいた時は本当にうれしかったです。

現場で実際に関わっている方からそのようなお声をいただけることは、一番嬉しいことですよね!
しゃちほこいざる
しゃちほこいざる

 

消えそうな小さな声を文字にしていきたい

―― これから書いていきたい本はどのようなものでしょうか

福祉や市民活動の分野を中心に、声に出しづらいこと、時には消えそうになってしまいそうな小さな声を文字にしていきたいと思っています。

――石黒さん、ありがとうございました!自分たちの生活、そこから日本という国全体をみて深く考えることができ、とても勉強になりました。今後も、石黒さんが拾い上げる声が文字となってたくさんの方に伝わっていきますよう、応援しております!

下記から『いのちのとりで裁判に学ぶ わたしたちの生活保護』の目次と「はじめに」を読むことができます。
https://note.com/ourseikatsuhogo/n/n80a590ca0249


「ナゴヤビトブックス」では「ナゴヤが舞台となっている作品」「ナゴヤをテーマとした書籍」「ナゴヤ出身の著者の書籍」など、ナゴヤに縁のあるあらゆるジャンルの書籍を著者へのインタビューを通じてご紹介いたします。

書籍を版行された著者様がいらっしゃれば、こちらのフォームからぜひお気軽にご連絡ください! (小説、マンガ、ビジネス書、実用書、各種ムック、その他ジャンルは問いません)

その他ナゴヤビトへのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

saori

助産師フォトグラファーのSAORIです。美しい風景・自然が大好き、美味しいもの大好きで歩く食べログと言われています。私がパワーを感じたスポットの写真、グルメ情報やお気に入り情報などをお伝えしていきます。心に彩りとスパイスをプラスする風景・写真がここにあります♡

関連記事

  1. 歴史コミック史上初の主人公が登場!歴史コミック『徳川家康とお亀の方』西山ガラシャさん【ナゴヤビトブッ…

  2. 本好きナゴヤビトは必見!大須に誕生した「図書館喫茶酒場 本棚探偵」は本好きにはたまらない幸せスポット…

  3. 名古屋にストリートピアノが続々設置! 街角に文化芸術の華を咲かせる新たな試みの企画担当者へ取り組みの…

  4. 名古屋の「白しょうゆ」が農林水産大臣賞を受賞!190年以上の歴史を受け継ぐ「太田屋」の八代目にインタ…

  5. 名古屋が舞台、登場人物はすべておじさん?!『魔法少女全員おじさん』諏訪符馬さん 【ナゴヤビトブックス…

  6. ナゴヤを色んな視点から読み解いた「ナゴヤ愛」がつまった一冊『ナゴヤ愛 地元民も知らないスゴイ魅力』陽…

  7. Twitterの世界で出会った愛知県の企業・団体に出会える旅『#愛知Twitter会を巡る旅 第2弾…

  8. 老舗味噌メーカーが新たなチャレンジ! 『から揚げにつけタレ!かけタレ!』誕生秘話インタビュー(中編)…

  9. 【名古屋の匠 ~Takumi~】Vol.1「若手文具メーカーの飽くなき挑戦」(後編)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事Latest Post

  1. 名古屋のホテルのスイーツビュッフェがスゴすぎる!ヒルトン名古屋「クロミのバースデ…
  2. 名古屋のど真ん中から名古屋弁が炸裂!! 人気急上昇中のナゴヤVTuber「裏名古…
  3. 名古屋のど真ん中から名古屋弁が炸裂!! 人気急上昇中のナゴヤVTuber「裏名古…
  4. 短歌界を盛り上げる名古屋の中華料理店二代目店主が生み出した短歌集『平和園に帰ろう…
  5. この秋、ヒルトン名古屋のビュッフェがスゴい! 中国料理「王朝」のランチビュッフェ…

ま〜ひゃあ〜こんなに買って
まっとるぎゃあ。

これまでに
メイドインナゴヤを
買った合計金額
364,142

Nagoyabitofacebook

Nagoyabitoinstagram

書籍紹介books

イベントevent

人気の記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事Latest Post

キーワードkeywords

検索search

特集 Features

特集一覧

PAGE TOP