大胆な幅広きしめんは「食べる楽しみ」へのこだわりから ~ クラフトきしめん専門店「星が丘製麺所」堀江高広さんインタビュー(後編)

2021年5月12日(水)、千種区・星ヶ丘「星が丘テラス THE KITCHEN」にオープンしたクラフトきしめん専門店「星が丘製麺所」。ナゴヤビトでは「星が丘製麺所」立ち上げ人の一人である堀江高広さんへのインタビューを行いました。

前編では名古屋でも有数の麺職人がタッグを組んで「星が丘製麺所」を立ち上げた理由について、中編では「星が丘製麺所」が「機械打ち&冷凍」にこだわった理由についてのお話をお聞かせ頂いています。

[前編はこちら]
[中編はこちら]

後編では「星が丘製麺所」の美味しいきしめんの魅力についてさらに深くお話をお伺いしました。

--「星が丘製麺所」のきしめんはいわゆる「幅広」の部類に入ると思いますが、この幅にしたのはどのようなこだわりがあるのでしょうか?

自分としてはそこまでびっくりするほど幅が広いとまでは思っていいないんですよね。
もともと今まで「きしめん」として市販されているものが細すぎるように感じていました。それではうどんとの違いは大きくないですし、「別にきしめんなんて無くてもいいじゃん」と思われる方がいても仕方が無かったのかなと。

「星が丘製麺所」のきしめんは25mmぐらいの幅で仕上げています。20mmぐらいという選択肢もあったのですが、中途半端にするぐらいなら極端にした方が良いという考えでこの幅にしました。食べていて楽しく、でも食べづらくはないというギリギリの線を攻めたきしめんです。

3番人気の「高砂」。25mm幅のきしめんの魅力が堪能できる王道の一杯。

-- 麺だけでは無く「つゆ」にも様々なこだわりがあると思います。つゆについてもお聞かせ下さい。

名古屋なのでムロアジ節を中心に考えた構成にして、そこに地元のたまり醤油や白醤油などをメインに使っています。出来たつゆはすぐに容器に入れて冷凍し、解凍するだけでそのまま美味しさが出るようにしています。レトルトやペットボトル入りのつゆにするよりも、冷凍するのが再現性が一番高いんですよね。冷凍つゆならば余分なものを入れる必要がないのが大きなメリットです。リピーターも増えており、お客様からも支持頂いていると感じています。

また、麺のほうにもつゆをしっかり持ってこられるよう工夫を入れています。

冷凍つゆは電子レンジでの解凍もOK。麺を温めている間に並行作業できるのが嬉しいポイント

--これまでにもお話が出ておりますが、「星が丘製麺所」ではイートインだけではなく、冷凍きしめんやつゆを持ち帰り用として販売しています。こういう形での販売にも取り組まれた理由についてお聞かせ下さい。

物販については最初から狙っていた部分が大きいですね。最初の実験段階のときから、冷凍にして真空パックにしてみましたが、この組み合わせってすごくカッコいいね、これを出したいよねと。

今は「星が丘製麺所」の店頭だけで販売していますが、既に複数社から「うちにも卸してほしい」と引き合いを頂いており、これから量産の体制を整えていきながら進めたいと考えております。

物販コーナーでは雑貨や調味料なども販売。名古屋市内唯一の溜醤油の蔵元「帝国醸造」の溜り醤油はめったに出会えない激レアアイテム。

【写真7】

--これから堀江さんがやってみたいチャレンジについてお聞かせ下さい。

「きしめんスタンドを広げる」と「ネット注文を受けられるEC体制」の2つが急務だと考えています。今は店頭での配送依頼しか受けられていないのですが、遠方の家族や知り合いに送る方も多いですし、「送って欲しい」という声もたくさん頂いております。近々1アイテムから通販のようなことを出来るようにはしたいなと考えています。

また、「星が丘製麺所」が安定してきてからの話になりますが、将来的には「星が丘製麺所」のECサイトで、自分対の商品だけではなくいろんな名古屋の麺が買えるようなECサイトが出来ればという夢は持っています。他にも、興味のある職人さんがいるなら自分たち持っている機械打ちや冷凍の設備を使ってもらって試してみたり、冷凍してお土産品を作ってもらったししてもらってもいいかなと。「きしめんクラフトファクトリー」のような形でオーダー受注することも出来たら嬉しいですね。

--最後に、全国のきしめんファン・麺類ファンの皆様に向けて、メッセージをお願いします。

「食べに来て」よりも「遊びに来て!」ですね。とにかく盛り上がれば良いかなと。飲食が下火になっている中で、こういった感じで話題になったりしながらきしめんや製麺所という所にフューチャーされ、そうしたことをきっかけに色んな所に派生して動いていくようになればと思っています。

個人ではなかなか大変かも知れませんが、例えば「星が丘製麺所」できしめんを食べた人の中から、仲間で一緒になって「こんな冷凍麺が出来るのなら、きしめんやってみようよ!」と思ってもらう人がでてくると大変嬉しいです。

「冷凍is正当」を掲げる「星が丘製麺所」できしめんの美味しさと楽しさを再発見!

インタビューを通して何度も出てきたのが「自分たちのためだけではない」という言葉。「星が丘製麺所」の取り組みをを通じて業界全体、さらには飲食文化全体を盛り上げたいという堀江さんの強い想いをひしひしと感じました。きしめんの美味しさと楽しさを再発見できる「星が丘製麺所」、ぜひ足を運んでみて下さい。

星が丘製麺所の所在地や詳しい営業情報などについては公式ホームページを、最新情報は公式instagramをご覧下さい。

Swind/神凪唐州

Swind/神凪唐州

作家 兼 名古屋めし専門料理研究家。
名古屋と名古屋めしをテーマに小説、漫画原作、料理本、コラムなどを執筆。

名古屋めしレシピ動画&生配信→http://youtube.com/c/swind758/

関連記事

  1. 作家・小説家 志賀内泰弘さん

  2. ㈲ウィッテム 起業家・企画参謀 小島章裕さん

  3. 次世代のために、次世代を育て繋げる「場」を創る。『株式会社For Next』代表取締役 橋本真弓さん…

  4. 髪の魔法使い『美容室tendre~タンドル』ヘアディレクター長田美奈さん。美容師業界そのものの解決に…

  5. ベンチャーマインドこそが老舗の伝統!進化を続ける「青柳総本家」の立役者にインタビュー(後編)

  6. 老舗味噌メーカーが新たなチャレンジ! 『から揚げにつけタレ!かけタレ!』誕生秘話インタビュー(中編)…

  7. 名古屋の女性専用パーソナルジム「Muse Style plus」オーナー兼トレーナー 山下智子さん

  8. 「ナゴヤ愛」著者 陽菜ひよ子さん・宮田雄平さん インタビュー その1

  9. 「名古屋駅西 喫茶ユトリロ」太田忠司さん 【ナゴヤビトブックス #1】

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事Latest Post

  1. 名古屋駅・エスカ「パンカハンカ」のグリルドサンド(あんバター)
  2. 「名古屋の酒場」大竹敏之さん 【ナゴヤビトブックス #2】
  3. 「名古屋駅西 喫茶ユトリロ」太田忠司さん 【ナゴヤビトブックス #1】
  4. 大判プリントの達人【軟式】大判ネコさん 【Twitterナゴヤビト #1】
  5. エントランスホールに音色が響く「ホテルメルパルク名古屋」のストリートピアノ

ま〜ひゃあ〜こんなに買って
まっとるぎゃあ。

これまでに
メイドインナゴヤを
買った合計金額
363,162

書籍紹介books

人気の記事

最近の記事Latest Post

特集 Features

特集一覧

PAGE TOP