ヤマサの「特製ちくわ」を食べよう

豊橋名物のちくわをいただきました♪

豊橋名物ヤマサちくわ

ヤマサのちくわはもともとは豊橋で魚問屋を営んでいた佐藤善作が、四国の金比羅様に代参した時に「ちくわ」と出会ったことから生まれたそうです。
魚が不足している信州まで届けるために、ちくわの穴に塩をつめてさらに上から塩をふった「塩漬けちくわ」が豊橋のちくわ発展の源です。

 

特選ちくわは、作る時期によって原料の魚が変わります。
その時期に一番美味しい魚を厳選して、とれたてのものを使い職人が一本一本丹念に作り上げる特別なちくわなのです。

だからそのまま食べるとものすごく美味しいんですよ。

ということで、ちょっと切ってそのままいただきました。
塩加減が丁度よくて、何もつけなくても充分。
むしろ、ちくわ本来の味が楽しめます。

2本目からはアクセントにワサビとお醤油をつけると、また美味しいです。
冷やしたものをそのまま食べるのも良いですが、少し焼いてもいいですね。

おでんに入れても、磯辺揚げも美味しそう…
と思いながら食べているうちになくなってしまいました。

この次は違う食べ方に挑戦してみます。
ヤマサの「特製ちくわ」を食べてみてね。

 

特製ちくわ(5本) 650円

商品金額:650

Mikey

作詞家でライター(ときどき作曲家)のMikeyです。

作詞家としては、ジャニーズや男女アイドル、アニソン、K-POP、など、幅広く歌詞を提供しています(作曲は現在修行中)。

ライターとしては、ナゴヤの企業のWebサイトやパンフレットの原稿を主に書かせていただいてます。

他にも小説家やイラストレーター、動画作家など、幅広くモノづくりに携わっています。

趣味は読書(主に漫画)、健康づくりのためのポタリングです。
以前は愛知の紅葉スポット香嵐渓まで約130Km走ったり、鈴鹿で自転車レースに参加したりしていたのですが…最近は全然乗れてません(汗)

また、個人事業としてクリエイター応援サイト「CREATOR’S NOVA」を運営しています。
http://creatorsnova.com

関連記事

  1. イチビキ2018年春夏新商品『チンゲン菜炒め』を作ろう!

  2. 『イチビキ ストレートキムチ鍋つゆ』を食べよう!

  3. バーミキュラ

    『バーミキュラ』究極の無水調理ホーロー鍋を買おう!

  4. 『第23回あいち国際女性映画祭 2018 』(9/5(水)-9(日))監督合同記者会見開催

  5. 両口屋是清の「千なり 抹茶あん」を食べてちょう!

  6. 「種から根っこと葉っぱ」のグラノーラバーを食べよう

  7. 『青柳総本家 ひとくち生ういろう チョコレイト』を食べよう!

  8. アイズ『丁寧に焙煎した究極のピスタチオ』を食べよう!

  9. 松永製菓「ミニしるこサンド」を食べよう

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事Latest Post

  1. スヌーピーたちと甘いキャンプが出来ちゃう!? ヒルトン名古屋・夏のスイーツビュッ…
  2. 本好きナゴヤビトは必見!大須に誕生した「図書館喫茶酒場 本棚探偵」は本好きにはた…
  3. 『ソコにある』非常食を目指して。名古屋で事務用品・文房具を取り扱う創業107年の…
  4. 「名古屋の凄さと魅力」を集めた、新しいタイプの名古屋本『名古屋の言い分』長屋良行…
  5. 『いのちのとりで裁判に学ぶ わたしたちの「生活保護」』石黒好美さん【ナゴヤビトブ…

ま〜ひゃあ〜こんなに買って
まっとるぎゃあ。

これまでに
メイドインナゴヤを
買った合計金額
364,142

Nagoyabitofacebook

Nagoyabitoinstagram

書籍紹介books

イベントevent

人気の記事

最近の記事Latest Post

キーワードkeywords

検索search

特集 Features

特集一覧

PAGE TOP