『餅屋 青木商店 鬼まんじゅう』を食べよう!

甘ささっぱり スーパーで出会った鬼まんじゅう

餅屋 青木商店 鬼まんじゅう

名古屋名物の筆頭に上がる鬼まんじゅうの登場だがね!

今回紹介するのは、かの有名な覚王山のあの店ではなく、
家の近くのスーパー、ピアゴさんの
和菓子コーナーで出会った商品。

「創業60年」の文字と、
ここの会社の工場が家のすぐ近くだったことから
思わず買ってまったんだわ。

で、サイトを見てみたところ、
スーパーや業務食向けにお餅や赤飯、和菓子を
製造卸、販売しとる会社だった。

また、工場での注文販売や、
不定期ながら直売イベントも行っとるらしいんだわ。

地元に根ざし、地域とともに育ってきた会社なんだわな。

手作り、無添加。昔ながらの素朴な味。

見るからにサツマイモがゴロゴロ入った鬼まんじゅう。
注目すべきは、この形!

普通の鬼まんじゅうは山みたいになっとって
ボコボコしとるけど、これは正方形!!
で、そんなに大きくないもんで、食べやすい。

食物繊維たっぷりのほっこりしたサツマイモが
もっちりした生地と絡んでどえらいうみゃーんだわ。

温めるとさらにうみゃーと書いたったもんで
レンチンしてみたら、
これがまたさらにほこほこになって
まったく別の味わいになったわ。

こんな旨いモノをさり気に置いとくなんて、
スーパーの和菓子コーナー、あなどれん!!

ピアゴさん以外のスーパーにも置いたると思うで、
和菓子コーナー、チェックしてみてちょ。

メイド・イン・ナゴヤの
『餅屋 青木商店の鬼まんじゅう』を食べよまい!

鬼まんじゅう紹介ページ
http://www.aokistore.co.jp/oniman.html

 

餅屋 青木商店
本社:名古屋市北区八代町2丁目54
事務所/工場:名古屋市北区西味鋺2丁目244
http://www.aokistore.co.jp/2fshop.html

mamiko

mamiko

名古屋在住のライターです。地元タウン誌からマスコミ広報誌、旅行誌、教育関係誌まで、幅広く携わってきました。「ナゴヤビト」では地元ナゴヤ(東海圏)出身、またはナゴヤでユニークな活動を行っている人々をメインに、グルメ、グッズ、スポットなどを紹介。ナゴヤの隠れた魅力を深堀します。

関連記事

  1. えびせんべいの里 『ちび丸・トマト&バジル味』を食べよう!

  2. 『サンクレール 練乳クリームサンド』を食べよう!

  3. 寿がきや『赤から 肉豆腐』を食べよう!

  4. 『pokka sapporo 素材屋すうぷ 極み食感里芋たっぷりスープ』を飲もう!

  5. おとうふ工房いしかわの「まめぞうプリン」を食べよう!

  6. 『カゴメ キッズチェリー』を食べよう!

  7. 『餅文総本店 ちょこわらびういろ』を食べよう!

  8. 【愛知の特産<豆みそ>を知る旅】西尾市にある創業文久元年の老舗醸造元「はと屋」のみそ蔵見学にいってき…

  9. キング製菓株式会社の「チーズブランクッキー」を食べよう!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事Latest Post

  1. 今年で活動10周年を迎える名古屋の俳優・岩崎真 一人芝居「ALL in ONE」…
  2. 「恋は論破できない」柳原望さん 【ナゴヤビトブックス #3】
  3. 名古屋駅・エスカ「パンカハンカ」のグリルドサンド(あんバター)
  4. 「名古屋の酒場」大竹敏之さん 【ナゴヤビトブックス #2】
  5. 「名古屋駅西 喫茶ユトリロ」太田忠司さん 【ナゴヤビトブックス #1】

ま〜ひゃあ〜こんなに買って
まっとるぎゃあ。

これまでに
メイドインナゴヤを
買った合計金額
363,162

書籍紹介books

人気の記事

最近の記事Latest Post

特集 Features

特集一覧

PAGE TOP