大正時代の帝都が舞台。悪党を食い物にする詐欺師の物語『帝都上野のトリックスタア』徳永圭さん【ナゴヤビトブックス #22】

ナゴヤに縁のある様々なジャンルの書籍を著者へのインタビューを通じてご紹介する「ナゴヤビトブックス」。第22回は、徳永圭さん著書の『帝都上野のトリックスタア』(講談社タイガ)をご紹介します。

――徳永さんのご経歴を教えてください。

名古屋育ち、名古屋在住です。2011年に『をとめ模様、スパイ日和』(産業編集センター)で第12回ボイルドエッグズ新人賞を受賞し、作家デビューしました。

――本の執筆を手がけられるようになったきっかけは何だったのでしょうか?

幼いころから絵を描くのが好きで、ずっと少女漫画家を目指していました。25歳くらいまで投稿を続けていたんですが、年齢的に限界を感じ、一度断念。でもやっぱり何かお話を作りたくて、画材は処分してしまっていたので、パソコンがあれば書ける小説に挑戦してみました。

それで書き上げた初の長編小説が、デビュー作の『をとめ模様、スパイ日和』です。少女漫画家志望者を主人公にした作品でデビューできたので、振り返ってみれば、それまでの経験も無駄じゃなかったということですね(笑)。

小さい頃から目指されてき少女漫画家、その経験が、こういった形で活かされデビュー作に繋がったのは、本当にすごいことですよね。

振り返ってみると、きっと意味があったのですね♪
しゃちほこいざる
しゃちほこいざる


大正時代の帝都が舞台。
悪党を食い物にする詐欺師 ”帝都の掃除人” の物語

――著書『帝都上野のトリックスタア』はどのような内容でしょうか?

舞台は大正十年、文化隆盛に華やぐ東京。行方不明になった姉を捜す少年・勇は、ある日、若槻・ウィリアム・誠一郎と名乗る紳士に出会います。一方そのころ、帝都にはこんな噂が。「悩める人々を救う、裏社会の掃除人がいるらしい」

ウィルは何者なのか?姉の行方は?そして勇にもまた、ある大きな秘密があり……。

大正時代の帝都を舞台に、元詐欺師たちが悪党を討つべく暗躍します!

大正の帝都を舞台に、悪党を食い物にする詐欺師の物語なんですね。著書を拝読しましたが、物語の出だしからハラハラドキドキの内容で、一体どんなことが始まるんだろう……とドキドキしながらページをめくってしまいました!
しゃちほこいざる
しゃちほこいざる

『帝都上野のトリックスタア』冒頭たっぷり3万字を無料公開中!試し読みページはこちら

 

――この本を出版したきっかけは何だったのでしょうか?

数年前に日本推理作家協会に入会した際、会報に載った「入会のご挨拶」を目にした編集者が声をかけてくれたのがきっかけです。「学生時代にミステリーにどハマりして~」というような内容だったので、それならミステリーを、とご依頼いただきました。

――著書『帝都上野のトリックスタア』の裏話をお聞かせください

実はプロット段階では、普通に現代を舞台にしたお話でした。

なんと!プロット段階では現代を舞台にされたお話だったのですね。
しゃちほこいざる
しゃちほこいざる

本作はミステリーの中でもいわゆるコンゲーム(騙し騙され)ものだと思いますが、それだけではパンチに欠ける気がして、思い切って時代を移すことに。大正時代のレトロな雰囲気が内容にもうまく合った気がしますが、執筆は格段に難しくなっちゃいましたね……。

物語を拝見し、最初からこの時代背景で考えられていたくらい、描写がとても具体的で鮮明にイメージができるようでした。

お話をお伺いし、この時代のことをかなり調べて書かれたのだなと知ることができました。
しゃちほこいざる
しゃちほこいざる

時代ものは初めてだったので、何から何まで手探りで(苦笑)。でもそのおかげで、現代以外も舞台にできるんだなと自信がつきました。

 

11月8日、美味しいフランス料理が登場する小説『ボナペティ!』シリーズ第二弾が発売!

―― これから書いていきたい本はどのようなものでしょうか

2022年11月8日に、『ボナペティ!臆病なシェフと運命のボルシチ』(文春文庫)の続編の、『ボナペティ! 秘密の恋とブイヤベース  』(文春文庫)が出ました。シリーズ化はこれが初めてなので、ぜひたくさんの方に楽しんでもらえたらいいなと思います。

シリーズ化と新刊、おめでとうございます!

「ボナペティ!」というのは、フランス語で「めしあがれ」「どうぞお食べなさい」といった意味なんですよね♪

えびふりゃーいざる
えびふりゃーいざる
『ボナペティ!臆病なシェフと運命のボルシチ』のタイトルに出てくる「運命のボルシチ」なのですが、そのボルシチが登場するシーンの描写が本当に美味しそうで……!!!こんな運命をかえるような料理に出会いたい、と思いました。

第二弾は、「秘密の恋とブイヤベース」。どんな物語に、どんな美味しそうなお料理が添えられるのか、拝読するのが楽しみです♪

しゃちほこいざる
しゃちほこいざる
運命のボルシチと出会う場面も読むことができる試し読みはこちら♪

『ボナペティ!臆病なシェフと運命のボルシチ』の試し読みはこちら

えびふりゃーいざる
えびふりゃーいざる

他にもこれまでどおり、明るいものからビターなものまで、いろいろなテイストの作品に挑戦していきたいです。

――徳永さん、ありがとうございました!新刊の発売も嬉しいですし、ますます徳永さんのワールドに引き込まれそうです♪ これからも色々な作品を拝読できるのを楽しみに、応援しています!

徳永圭さんの公式情報はこちら
Twitter:https://twitter.com/kei_tokunaga

「ナゴヤビトブックス」では「ナゴヤが舞台となっている作品」「ナゴヤをテーマとした書籍」「ナゴヤ出身の著者の書籍」など、ナゴヤに縁のあるあらゆるジャンルの書籍を著者へのインタビューを通じてご紹介いたします。

書籍を版行された著者様がいらっしゃれば、こちらのフォームからぜひお気軽にご連絡ください! (小説、マンガ、ビジネス書、実用書、各種ムック、その他ジャンルは問いません)

その他ナゴヤビトへのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

saori

助産師フォトグラファーのSAORIです。美しい風景・自然が大好き、美味しいもの大好きで歩く食べログと言われています。私がパワーを感じたスポットの写真、グルメ情報やお気に入り情報などをお伝えしていきます。心に彩りとスパイスをプラスする風景・写真がここにあります♡

関連記事

  1. 「小倉トースト100変化」 ~ 株式会社永楽堂 高野仁美様 特別インタビュー/中編【小倉トースト部】…

  2. 日本唯一の「落語家&漫画家」!!登龍亭獅篭展2が久屋大通にて開催中

  3. 大胆な幅広きしめんは「食べる楽しみ」へのこだわりから ~ クラフトきしめん専門店「星が丘製麺所」堀江…

  4. (株)スマートエイジングサポート(@smartageing_s)さん 【Twitterナゴヤビト #…

  5. 【イベント情報】2022/3/25~3日間 グルッポふじとう主催『図書館からSDGs~みんなの行動が…

  6. 笹島で世界とつながろう!! フェアトレード&エシカルをテーマとしたセレクトショップmeets 4/1…

  7. 名古屋で13年振りに『落語家』が誕生! 名古屋落語界期待の新星登龍亭獅鉄さんインタビュー(4)

  8. 夢は108人の漫画家デビュー。読めて描けて広がるナゴヤのトキワ荘「漫画空間」店長・内藤泰弘さん

  9. 滋賀・呼吸器事件を再審無罪に導いたノンフィクション『冤罪をほどく〝供述弱者〟とは誰か』秦 融さん【ナ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事Latest Post

  1. 【試写会】1/21・22大須シネマにて公開。映画『かもすひと』。酒を醸し、稲をは…
  2. 名古屋めしの”真実”を掘り起こす決定版!『間違いだらけの名古屋めし』大竹敏之さん…
  3. ディープなナゴヤビトをご紹介!「名古屋を発信!全国に名古屋を届けたい」名古屋で1…
  4. 大正時代の帝都が舞台。悪党を食い物にする詐欺師の物語『帝都上野のトリックスタア』…
  5. ホテルいずみ【公式】(@HotelIzumi)さん 【Twitterナゴヤビト …

ま〜ひゃあ〜こんなに買って
まっとるぎゃあ。

これまでに
メイドインナゴヤを
買った合計金額
364,142

Nagoyabitofacebook

Nagoyabitoinstagram

書籍紹介books

人気の記事

最近の記事Latest Post

キーワードkeywords

検索search

特集 Features

特集一覧

PAGE TOP