歴史コミック史上初の主人公が登場!歴史コミック『徳川家康とお亀の方』西山ガラシャさん【ナゴヤビトブックス #17】

ナゴヤに縁のある様々なジャンルの書籍を著者へのインタビューを通じてご紹介する「ナゴヤビトブックス」。第17回は、西山ガラシャさん原作の歴史コミック『徳川家康とお亀の方』(本丸出版)をご紹介します。

ーー西山さんのご経歴を教えてください。

名古屋に生まれ、名古屋に住んでいます。
2015年に『公方様のお通り抜け』で第7回日経小説大賞を受賞してデビューしました。

この作品も、尾張徳川家の人々が登場しますよね!江戸中期の尾張徳川家・戸山下屋敷にあった名庭を作った男たちの物語なのですが、まるで落語を聞いているかのような、とっても面白くて笑える時代小説でした!

この時代の史実にそって忠実描かれてはいるのですが、「おもてなしの喜びと金儲けに目覚めた大百姓が、江戸の世の”テーマパーク”であるユニークな大名庭園をプロデュースする」というお話で、現代のおもてなし精神にも通ずる部分がありました。
しゃちほこいざる
しゃちほこいざる

――本の執筆を手がけられるようになったきっかけは何だったのでしょうか?

10代の頃から小説が好きでよく読んでいました。読んでいるうちに次第に(自分も書きたい!)と思うようになり、40歳を過ぎてから時代小説に挑戦しました。

こんなに面白いものを生み出されていること、本当に尊敬します!

時代小説や歴史ものは少し難しいイメージがあったのですが、西山さんの作品を拝読し、その面白さを知ることができました。時代背景や史実がきちんと描かれており、そこに物語が乗っかっているので、かなり勉強になります。

えびふりゃーいざる
えびふりゃーいざる

徳川家康が愛したお亀の方。
歴史コミック史上初の主人公の物語

――歴史コミック『徳川家康とお亀の方』はどのような内容でしょうか?

原作を担当した歴史コミック『徳川家康とお亀の方』は、家康が名古屋城築城を命じて、現在の「堀川」である運河ができ、名古屋に碁盤割りの城下町がつくられた頃のお話です。

主人公は、お亀の方という家康の側室で、尾張の殿様である徳川義直の生母です。なかなかの行動力を持った人で、したたかに生き、且つ愛情深い女性を表現したつもりです。瀬知エリカさんの味のある漫画が、ほのぼのとした雰囲気を醸し出しています。

瀬知エリカさんの描かれる漫画の絵が本当にかわいらしくて、スッと物語が入ってきて、あっという間に読んでしまいました♪
えびふりゃーいざる
えびふりゃーいざる
しゃちほこいざる
しゃちほこいざる
家康の傍にこのような女性の存在があったこと、歴史が動いた背景や名古屋築城にいたるまでのお話、今まで知らなかったです。

「お亀の方は有能な秘書のよう?」という内容も書かれていましたが、お亀の方の存在があったからこそ、この尾張名古屋はさらに発展したのですね。

―― この本を出版したきっかけは何だったのでしょうか?

小説に登場させたい歴史上の人物がいつも10人くらい脳内で待機していますが、お亀の方もその一人でした。

頭の中に常時、歴史上の人物が10人も待機しているのは、すごすぎます!!!(笑)西山さんの頭の中をぜひ覗いてみたいものです…
えびふりゃーいざる
えびふりゃーいざる

いつか小説に書きたいといろいろと調べているうちに、歴史や小説とはまったく関係ない会合でお亀の方のご子孫と出会うという奇遇もあり、書きたい気持ちがさらに大いに膨らんでいました。同時期に本丸ネットワークが尾張徳川歴史コミックシリーズの刊行を計画されていて、原作のご依頼をいただきました。

お亀の方のご子孫と出会ったのも、同時期にこの原作のご依頼をうけたもの、まるでお亀の方が「私のことを書いてくださいな」と言われたかのようですね。

出版の経緯と同時に、すごい裏話ですね!

しゃちほこいざる
しゃちほこいざる

――歴史コミック『徳川家康とお亀の方』の裏話をお聞かせください

ちょうどコロナ禍の真っ只中でしたので、版元、監修者、作画者、原作者が一堂に会することができたのは本の刊行後です。そのため刊行までに、ものすごい数のメールが飛び交いました。本ができあがったあとに実際に関係者の皆様とお目にかかったとき、不思議と過去に何度もお会いしている方々のような親近感すら抱きました。

ちょうどコロナ渦真っただ中だったのですね。ここまでの作品を創り上げるまでには、メールのやりとりもすごそうですが、すごい熱量だったと想像します。
えびふりゃーいざる
えびふりゃーいざる

尾張名古屋を舞台にした時代小説を書いていきたい

―― これから書いていきたい本はどのようなものでしょうか

コミックについては、今年(2022年)6月下旬に第2巻『徳川義直と春姫』が刊行予定です。その続きを時系列で幕末・明治まで書き続けたいです。

小説では、尾張名古屋を舞台にした時代小説、徳川家康や三河武士もの、江戸時代の絵師や職人を主人公にした小説も書きたいと思っています。

お亀の方の息子の徳川義直は、『徳川家康とお亀の方』にも登場していますね。春姫も同じくコミックの中に登場していた人物なので、その続きが読めるのはとても楽しみです!
しゃちほこいざる
しゃちほこいざる

――西山さん、ありがとうございました!
ナゴヤ民ですがまだまだ知らないことが多く、本当に勉強になり面白く拝読いたしました。こんな歴史上の人物がいて、こんな時代背景があって今のナゴヤができているのだと思うと、さらに興味が湧いてきました。三河武士ものも、個人的に読んでみたい気持ちが強いです。
西山さんのこれからの作品も楽しみにしております!

西山ガラシャさんの公式情報はこちら
Twitter:https://twitter.com/nishigara333

「ナゴヤビトブックス」では「ナゴヤが舞台となっている作品」「ナゴヤをテーマとした書籍」「ナゴヤ出身の著者の書籍」など、ナゴヤに縁のあるあらゆるジャンルの書籍を著者へのインタビューを通じてご紹介いたします。

書籍を版行された著者様がいらっしゃれば、こちらのフォームからぜひお気軽にご連絡ください! (小説、マンガ、ビジネス書、実用書、各種ムック、その他ジャンルは問いません)

その他ナゴヤビトへのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

saori

助産師フォトグラファーのSAORIです。美しい風景・自然が大好き、美味しいもの大好きで歩く食べログと言われています。私がパワーを感じたスポットの写真、グルメ情報やお気に入り情報などをお伝えしていきます。心に彩りとスパイスをプラスする風景・写真がここにあります♡

関連記事

  1. 『強烈にふり切った個性を大切にしたい』 株式会社 SPECIAL STORY 代表 川名洋行さん

  2. 【おうちで名古屋めし】風来坊「手羽先」

  3. 作家・名古屋めし料理家Swind(神凪唐州)さん その2 

  4. 名古屋で13年振りに『落語家』が誕生! 名古屋落語界期待の新星・登龍亭獅鉄さんインタビュー(1)

  5. “どんでん返し”がキーワードの作品集『最後のページをめくるまで』水生大海さん【ナゴヤビト…

  6. 「ナゴヤ愛」著者 陽菜ひよ子さん・宮田雄平さん インタビュー その1

  7. 名古屋も参戦!10月1日「日本酒の日」に全国16都市でハシゴ酒イベントが開催!!

  8. 『恋は論破できない』柳原望さん 【ナゴヤビトブックス #3】

  9. 大判プリントの達人【軟式】大判ネコさん 【Twitterナゴヤビト #1】

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事Latest Post

  1. 名古屋も参戦!10月1日「日本酒の日」に全国16都市でハシゴ酒イベントが開催!!…
  2. 夢は108人の漫画家デビュー。読めて描けて広がるナゴヤのトキワ荘「漫画空間」店長…
  3. 笑顔へのコンプレックスを解決し、歯の健康を守る都市型『総合歯科』 ~ 久屋パーク…
  4. 冷凍パンの永楽堂【公式】(@eirakudo_pan)さん 【Twitterナゴ…
  5. 滋賀・呼吸器事件を再審無罪に導いたノンフィクション『冤罪をほどく〝供述弱者〟とは…

ま〜ひゃあ〜こんなに買って
まっとるぎゃあ。

これまでに
メイドインナゴヤを
買った合計金額
364,142

Nagoyabitofacebook

Nagoyabitoinstagram

書籍紹介books

人気の記事

最近の記事Latest Post

キーワードkeywords

検索search

特集 Features

特集一覧

PAGE TOP