コロナで変わった新しいイベントのカタチ「弾こみゃ~!<名古屋まちじゅうDEピアノ祭>」インタビュー前編

8月4日から8月31日まで開催される「弾こみゃ~!<名古屋まちじゅうDEピアノ祭>」について、イベントを企画された日本特殊陶業市民会館(以下、市民会館)の館長の坂井さんと事業担当の澤地さん、そして名古屋市文化振興事業団(以下、事業団)の文化振興部 主幹の宮田さんと事業担当の佐野さんの4名にお話を伺いました。

今回のイベントの経緯や意気込みなどをお聞かせください

今回の企画は、若手2人が中心となって進めました。
昨年からの新型コロナウィルス感染症の影響で、ホールなどの施設利用が半分に減っていました。
普段は予約もいっぱいで一般の人が施設を借りることは難しい状況だったのですが、せっかく今空いているのだから一般の方にコンサートホールでピアノを弾いてもらうことにしたんです。
まさにコロナだから出来た企画です。

実は去年、市民会館と事業団それぞれ別の企画として11月と12月に各会場で行ったのですが、そのときも「コンサートホールでスタインウェイのピアノを弾くことが出来る」と好評でした。
ただ、前回は各館単独のイベントだったので連携しておらず、タイトルもバラバラでした。

コチラは去年のイベントのチラシです

今年は共同企画として会場もさらに増えて全部で11カ所で行うことになりました。
タイトルもみんなで考えて、真夜中にリモートで盛り上がったりもして。
少し攻めた感じになってしまったかな、と心配していたのですが、評判も良くて安心しました。
反響も大きかったので、企画して良かったです。

最近ナゴヤでも盛り上がっているストリートピアノは意識されていたのでしょうか?

元々はコンクールのためにピアノを練習したい方や、発表会がなくなってしまったお子さんなどを想定して企画したもので、ストリートピアノというイメージではなかったんです。

でも、SNSではストリートピアノファンの方からの注目度が非常に高く、Twitterでは「ストリートピアノではないけど」と、ハッシュタグをつけてつぶやいたところ、たくさん反響がありました。

あやかったような形ではありますが、県外の方から「名古屋はいいな」「行きたい」などつぶやいてもらえて嬉しいです。
これからも名古屋を盛り上げる企画を行っていきたいですね。

 

どのくらいの申し込みがありましたか?

5.6倍くらいの倍率で、多数の方からお申し込みがありました。
市民会館だけで見たら30倍くらいあって。
コンサートホールや小劇場を貸し切りに出来るのは貴重な機会ですよね。
一次募集で抽選して、落選した方に先着で二次募集をしたところ、1時間もしないうちに全部埋まってしまいました。
(二次募集の際にお休みだった館長さんが)午後に空き情報のカレンダーを見たら全然空いていなかったので、エラーが起こったのかと思ったほどです。
これだけ多くの施設で行ったからこそ、たくさんの人に弾いてもらえるようになって良かったです。

募集については、今年はデジタルな方法で行いました。
去年は電話受付や、FAXに郵送といったアナログ的な手段での募集をしていたんです。
今年はオンラインの申し込みフォームで受け付けました。
まだデジタルに移行段階なので、次回はもっと進化していきたいです。
年配の方にはデジタルな方法が受け入れられないかと心配していましたが、申し込み方法についてのご意見などは特になく、スムーズにお申し込みをされたようです。


会場のひとつである日本特殊陶業市民会館

年代は8歳~69歳くらいと幅広く応募されていました。
特に40歳以上の方からの応募が多かったと思います。
去年のイベントの際には新聞で取り上げてもらい、今年は5月にテレビで紹介されたこともあり、テレビや新聞を見る年齢層の方の目に触れたのではないでしょうか。

お子さんの応募も多かったです。
夏休みですし、発表会などの練習や本番がなくなってしまったという方も多いと思います。
1件あたりの参加人数は、1~2名の演奏者プラス数名の見学者という構成が多く、最大で10数名くらいでお願いしています。

あいさ
あいさ
私も応募してみたけど抽選で外れちゃった

他の友達も当たらなかったらしいよ。
高倍率だったから仕方ないね。
えびふりゃーいざる
えびふりゃーいざる



今回のイベントについて期待されていることなどはありましたか?

これまでの市民会館や小劇場のイメージは、クラッシックコンサートや演劇を観に行く場所で、敷居が高いと思われていました。
座席数が300人規模の小劇場は、コロナ禍で本番利用が大幅に減りました。
そのため利用形態が変わり、練習で利用していただく機会が増えました。
個人で劇場を借りることは難しかったのですが、何人か集まれば出せない金額ではないので。

短い時間で安価にホールを貸し切り、演奏できる企画を通してたくさんの方に劇場を知っていただき、足を運んでいただける機会が増えることを期待しています。

しゃちほこいざる
しゃちほこいざる
後編に続くよ!

「弾こみゃ~!<名古屋まちじゅうDEピアノ祭>」
名古屋市内のホールや練習室を貸し切って、有名ピアノをお得に弾くことができます。
(※募集は終了しました)

開催日:2021年8月
施設:名古屋市内の文化施設
参加料:1区分(1時間)1,000~3,000円

・名古屋市文化振興事業団はコチラ
・日本特殊陶業市民会館 名古屋市音楽プラザはコチラ

後編へ続きます。

Mikey

作詞家でライター(ときどき作曲家)のMikeyです。

作詞家としては、ジャニーズや男女アイドル、アニソン、K-POP、など、幅広く歌詞を提供しています(作曲は現在修行中)。

ライターとしては、ナゴヤの企業のWebサイトやパンフレットの原稿を主に書かせていただいてます。

他にも小説家やイラストレーター、動画作家など、幅広くモノづくりに携わっています。

趣味は読書(主に漫画)、健康づくりのためのポタリングです。
以前は愛知の紅葉スポット香嵐渓まで約130Km走ったり、鈴鹿で自転車レースに参加したりしていたのですが…最近は全然乗れてません(汗)

また、個人事業としてクリエイター応援サイト「CREATOR’S NOVA」を運営しています。
http://creatorsnova.com

関連記事

  1. 松坂屋名古屋店のストリートピアノがスゴイ!!「マツカドピアノ」は4/20まで開催中

  2. 老舗味噌メーカーが新たなチャレンジ! 『から揚げにつけタレ!かけタレ!』誕生秘話インタビュー(前編)…

  3. ANDERSENの名古屋駅限定「ういろパン」を食べよう!

  4. 名古屋で13年振りに『落語家』が誕生! 名古屋落語界期待の新星登龍亭獅鉄さんインタビュー(4)

  5. 「名古屋の匠 ~Takumi~」Vol.2 異色の経歴を持つ造作工房 その2

  6. 季節の野菜のサラダが美味しいCAFE SORAさんのモーニング

  7. 作家・名古屋めし料理家Swind(神凪唐州)さん その2 

  8. 作家・名古屋めし料理家 Swind(神凪唐州)さん その1

  9. 名古屋の女性専用パーソナルジム「Muse Style plus」オーナー兼トレーナー 山下智子さん

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事Latest Post

  1. 【イベント情報】2022/3/20 登龍亭 獅鉃公演・ナゴヤビトの落語会 in …
  2. 昆虫と人間をめぐる旅『虫食む人々の暮らし』民族昆虫学の第一人者・野中 健一さん …
  3. 「メイド・イン・ナゴヤのうた」を歌っていただきました♪
  4. 名古屋駅で買える!名古屋の「小倉トースト系お土産」おすすめ5選
  5. お土産の「オグラスク」【名古屋駅・ジェイアール名古屋タカシマヤ】

ま〜ひゃあ〜こんなに買って
まっとるぎゃあ。

これまでに
メイドインナゴヤを
買った合計金額
364,142

Nagoyabitoinstagram

書籍紹介<span>books</span>

人気の記事

最近の記事Latest Post

特集 Features

特集一覧

PAGE TOP