旬楽膳の「有機醤油」でお料理上手になろう!

調味料だけは、本物を使っていきたい。

そう思っとる私だがね。

その中でも醤油って、日本人の食生活と絶対に切り離すことができないもんだがね。

つまり、味付けのほとんどに醤油が使われとる、イコール

日本人は醤油でできとる!ゆうてもええのかもしれん?

そんな醤油だもんで、ぜひこだわって欲しい。

本物の醤油を使うてほしい。

ちゅうわけで今回ご紹介するのは!

旬楽膳の「有機醤油」だがね!

 

 

国産有機大豆と有機小麦を使用し、

昔ながらの製法でじっくり発酵熟成させました。

っちゅうことだがね。

昔からの製法っちゅうのが、つまり本物の醤油であることの証だがね。

原材料をみてちょーね。

大豆、小麦、食塩。以上。

たったこれだけなんだがね。

本物の醤油っちゅうのは。

このシンプルな材料を醤油に変えるのは、

発酵の力なんだがね。

つまり本物の醤油は生きとるんだわ。

でも世間で出回っているいろんな商品のなかには、

この発酵をまるっとすっ飛ばして、

深みが足りない分をいろんな調味料で味付けして作り上げた、

「醤油風」なものをさも醤油だっちゅう顔で売っているものがぎょーさんあるんだなあ。

残念すぎる!

って熱くなってもうたわ。

この旬楽膳の有機醤油は、生きとるもんで、

フタを開けるときに「ポン!」っていうんだわ。

結構醤油が元気ええときは「ボン!」っていってびっくりするくらい。

この醤油さえあれば、なんでもおいしくなるでほんとお得だで!

うちの場合

1 普通にかけて使う

2 焼く、煮るなどの調理に使う

3 酒やみりんと合わせてタレを作る

4 出汁と合わせて麺つゆを作る

5 油や梅酢と合わせてドレッシングを作る

など、いろいろ使っとるよ。

本物の醤油があれば、調味料ごちゃごちゃ増やさんでええんだわ。

ほんでほんとにうんまいし。

余計なもんが入っとらんし。

ぜひ日本人の食文化と切っても切れない「醤油」こそ、

1番に見直して本物を使うてちょうだいよ。

っちゅうわけで旬楽膳の「有機醤油」、

ぜひ買うてちょーねー!

商品金額:859

なべっこ

なべっこ

フリーでいろんな活動をしている一児の母です。名古屋って他のとこにはない独自の文化がいっぱい!
こりゃ名古屋行かないかんわ!ってなるような魅力的なものをご紹介していきます。

関連記事

  1. 『スジャータめいらく アサイーブレンド』を飲もう!

  2. 『こめはぜ(坂金製菓)』名古屋のポン菓子を買おう!

  3. 『イチビキ 豚みそちゃんこ鍋』を食べよう!

  4. 『ゆかり<濃厚おつまみスナック>』を食べよう!

  5. 映画のロケ地で有名な「市政資料館」は、普通の人でも借りられるんだって!

  6. 鶏三和『名古屋コーチン』~唐揚げ編~

  7. サンコーの「国産たまねぎのあられ」を食べよう!

  8. ひしわの「ジンジャーパウダー」でいろいろ美味しくしよう!

  9. 旬楽膳の魔法のごまダレッシングをかけよう!!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事Latest Post

  1. 矢場町「喫茶日日」の日日スペシャルモーニング
  2. 矢場町「Carlova360NAGOYA」のカスタムトースト(あんバターホイップ…
  3. ららぽーと名古屋みなとアクルス「喫茶Willows」のういろうと小倉のホットサン…
  4. ららぽーと名古屋みなとアクルス「喫茶Willows」の小倉フレンチトースト
  5. 名古屋駅他「Cascade(カスカード)」のマリトッツオ(おぐらほいっぷ)

ま〜ひゃあ〜こんなに買って
まっとるぎゃあ。

これまでに
メイドインナゴヤを
買った合計金額
363,162

書籍紹介books

人気の記事

最近の記事Latest Post

特集 Features

特集一覧

PAGE TOP