3月3日はひな祭り!三河地方の伝統的な餅菓子『いがまんじゅう』を食べよう!

3月3日はひな祭り♥

雛祭り(ひなまつり)は、女の子の健やかな成長を祈る日本の伝統行事。

ひな人形に、桜や橘・桃の花など木々の飾り、雛あられや菱餅などを供え、白酒やちらし寿司などの食事を楽しむ節句のお祭りです♪

西三河地域の伝統餅菓子『いがまんじゅう』

いがまんじゅうとは?

いがまんじゅうは、こしあんを米粉で包み、赤・緑・黄に染色した餅米を表面につけた餅菓子です。

米粉のもちもちとした食感、なめらかで舌触りのよい美味しいこしあん、そして何より3色の色がとてもかわいい!

西三河地域では、春の訪れを感じるひな祭りにいがまんじゅうをお供えし、食べる習慣があります。

いがまんじゅうの名前の由来は?

「いがまんじゅう」の名は、

・表面の米の粒が栗のイガに似ている
・「飯の香」がなまった
・「稲の花」がなまった

その他に、家康の伊賀越えにちなんで名づけられたとも言われています。

表面のお米の色の意味は?

いがまんじゅうの表面に使われているお米の粒の色は、の3色です。この3色の色合いこそが、いがまんじゅうが三河地域で雛菓子として定着した一番の理由ではないかと考えられています。

赤は魔除け緑は生命力黄は豊作祈願そんな願いも込められているそうです♪

 

ひな祭りに関係ある方も、そうでない方も、是非春の訪れを感じる『いがまんじゅう』、召し上がってみてください♥

saori

saori

助産師フォトグラファーのSAORIです。美しい風景・自然が大好き、美味しいもの大好きで歩く食べログと言われています。私がパワーを感じたスポットの写真、グルメ情報やお気に入り情報などをお伝えしていきます。心に彩りとスパイスをプラスする風景・写真がここにあります♡

関連記事

  1. 農園レストラン サバーヴィアンでモーニングを食べよう!

  2. イチビキ2018年春夏新商品『ゴーヤチャンプルーの素』で作ろう!

  3. カネハツの「低糖 野菜豆」を食べよう!

  4. 永谷園の「ひるげ」を食べよう

  5. イチビキ2018春夏新商品『炊飯器で本格おこわ 山菜たけのこ』を食べよう!

  6. 竹田本社 『タマゴボーロ』を食べよう!

  7. 甘強酒造の「甘強みりん あまざけ」を飲もう!

  8. 渥美半島の夏といえばこれ!道の駅HPからも購入できる、名産『高級マスクメロン』!

  9. 特報!コメダ珈琲店がGODIVAとコラボレーション!!!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事Latest Post

  1. 日本の原風景・棚田百選に選ばれた場所『新城市 四谷の千枚田』
  2. 【小倉トースト部】津島「cafeしょぱん 津島店」のあんしょぱん
  3. 【小倉トースト部】名駅「ST.MORITZ COFFEE STAND」の小倉バタ…
  4. 海の見える森のようちえん かぜのこ代表 越智 久美さん
  5. 『名古屋弁おみくじ』がある円頓寺金比羅(ことひら)神社

ま〜ひゃあ〜こんなに買って
まっとるぎゃあ。

これまでに
メイドインナゴヤを
買った合計金額
345,962

書籍紹介books

人気の記事

  1. 「コロナには万全を期して、開催します」〜『あいち国際女性映画祭2020』広報担当:宮崎冴子さん

最近の記事Latest Post

特集 Features

特集一覧

PAGE TOP