「名古屋の酒場」大竹敏之さん 【ナゴヤビトブックス #2】

ナゴヤに縁のある様々なジャンルの書籍を著者へのインタビューを通じてご紹介する「ナゴヤビトブックス」。第2回は、大竹敏之さんの「名古屋の酒場」をご紹介します。

名古屋の酒場(リベラル社)

―― はじめにご経歴をお聞かせ下さい
雑誌編集者を経てフリーライターに。ライター歴今年で30年になります。

―― この本を出版したきっかけは何だったのでしょうか?
2011年に出版した『名古屋の居酒屋』は、それまでありそうでなかった渋い居酒屋のガイドブック(おしゃれなダイニングバーなどのガイドはたくさんあったが昔ながらの居酒屋を主として取り上げる本は、当時の名古屋にはなかった)としてご当地ベストセラーになりました。一方でタイトルに「居酒屋」と謳ったために、ビアパブやワインバーなど魅力的だけど紹介できなかった店が他にもたくさんありました。

また前作の刊行から8年たち、名古屋の酒場事情にも様々な変化がありました。そこで、タイトルを「酒場」とすることで取り上げられるお店の幅を広げ、さらに最新の名古屋の酒場事情も取材して伝えたいと、前作『名古屋の居酒屋』の改訂&アップグレード版として出版することにしました。

――「名古屋の酒場」はどのような内容でしょうか?
名古屋および周辺エリア(尾張、三河、岐阜、三重)の酒場を著者である私が実際に、自腹で(ここ、強調です!)飲み歩いて取材したガイドブックです。
80件以上を紹介する中で何より重視したのは“にぎわい”です。わいわいがやがや老いも若きも楽しそうに飲んでいる。そんなシーンに出会えた酒場を厳選しました。撮影もすべて私が行い、酔客の輪に加わりその場の空気になじんだ上で、心地よさげに酔うお客さんたちを撮影しています。こんなよき“密”な状態が酒場に戻ってくるにはまだしばらく時間がかかりそうですが、この本のページをめくりながら、必ずや再び訪れる、大手を振って飲み歩きができる日常に思いをはせてもらえればと思います。

しゃちほこいざる
しゃちほこいざる
80軒以上もの酒場をすべて自腹で…!
大竹さん、凄すぎます!

本の中のお店の様子も、
ほろ酔い気分で温かい雰囲気が
すごく伝わってきましたー!
えびふりゃーいざる
えびふりゃーいざる


―― 「名古屋の酒場」の裏話をお聞かせください
「裏」の意味が違いますが、本のカバーの裏にも注目してください。表紙で背中を向けているお客さんのイラストが描かれているのですが、カバーをめくるとその笑顔が現れます。普通は本のカバーには帯がかけられていますが、替わりにカバー上部がのれんに見立てて折り返しになっているなど様々なギミックが隠されているので、是非手に取ってお楽しみください。

しゃちほこいざる
しゃちほこいざる
そんな面白い「裏」があったとは!
本の表紙ののれんをくぐり、酒場に入っていくような気分になりますね♪


―― これから書いていきたい本はどのようなものでしょうか?
「名古屋ネタライター」を名乗っている通り、名古屋の魅力や個性を取材し、発信するのが私の役割です。この『名古屋の酒場』、そしてやはりロングセラーになっている『名古屋の喫茶店』などもグルメ本をつくっているつもりはなく、名古屋という町の楽しさや文化を伝えたいと思ってつくっています。

今後も、名古屋にいるからこそ書ける、名古屋にいるライターでしかつくれない、記事や本を書いて行きたいと思っています。

著者の大竹敏之さん

大竹敏之さんのTwitterはこちら】
大竹敏之のでら名古屋通信 – Yahoo!

―― この本を片手に、今すぐにでもナゴヤの酒場に繰り出したい気分になりました。お酒が飲める人も飲めない人も、この酒場の空気が好きで行きたくなるんだなと。お気に入りの酒場に出会うべく、行ってまいります♪
ありがとうございました!

「ナゴヤビトブックス」では「ナゴヤが舞台となっている作品」「ナゴヤをテーマとした書籍」「ナゴヤ出身の著者の書籍」など、ナゴヤに縁のあるあらゆるジャンルの書籍を著者へのインタビューを通じてご紹介いたします。

書籍を版行された著者様がいらっしゃれば、こちらのフォームからぜひお気軽にご連絡ください(小説、マンガ、ビジネス書、実用書、各種ムック、その他ジャンルは問いません)!

その他ナゴヤビトへのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

saori

助産師フォトグラファーのSAORIです。美しい風景・自然が大好き、美味しいもの大好きで歩く食べログと言われています。私がパワーを感じたスポットの写真、グルメ情報やお気に入り情報などをお伝えしていきます。心に彩りとスパイスをプラスする風景・写真がここにあります♡

関連記事

  1. ベンチャーマインドこそが老舗の伝統!進化を続ける「青柳総本家」の立役者にインタビュー(後編)

  2. ベンチャーマインドこそが老舗の伝統!進化する「青柳総本家」の立役者にインタビュー(前編)

  3. 髪の魔法使い『美容室tendre~タンドル』ヘアディレクター長田美奈さん。美容師業界そのものの解決に…

  4. 『恋は論破できない』柳原望さん 【ナゴヤビトブックス #3】

  5. 名古屋が舞台、登場人物はすべておじさん?!『魔法少女全員おじさん』諏訪符馬さん 【ナゴヤビトブックス…

  6. Twitterの世界で出会った愛知県の企業・団体に出会える旅『#愛知Twitter会を巡る旅 第2弾…

  7. 金山総合駅の「駅ピアノ」は3/20(土)まで!お早めに♫

  8. 元祖鯱もなか本店さん@明治40年創業 【Twitterナゴヤビト #5】

  9. 名古屋で13年振りに『落語家』が誕生! 名古屋落語界期待の新星登龍亭獅鉄さんインタビュー(2)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事Latest Post

  1. 朝敵とされ、裏切りにあいながらも転戦した桑名藩主・松平定敬の物語『流転の中将』奥…
  2. ナゴヤの現役書店員さんが実体験を創作して描いた衝撃のデビュー作!絵本『カッパのあ…
  3. 『名古屋市民会館(日本特殊陶業市民会館)』50周年に寄せて ー 想い出・未来エピ…
  4. 和かふぇ冨士屋(@fujiya_nagoya)さん 【Twitterナゴヤビト …
  5. 歴史コミック史上初の主人公が登場!歴史コミック『徳川家康とお亀の方』西山ガラシャ…

ま〜ひゃあ〜こんなに買って
まっとるぎゃあ。

これまでに
メイドインナゴヤを
買った合計金額
364,142

Nagoyabitofacebook

Nagoyabitoinstagram

書籍紹介books

人気の記事

最近の記事Latest Post

キーワードkeywords

検索search

特集 Features

特集一覧

PAGE TOP