『オリエンタル 名古屋どてめし』を食べよう!

八丁味噌が決め手のこってりどて煮

『オリエンタル 名古屋どてめし』

「名古屋カレーうどん」に引き続き、オリエンタルさんの名古屋の味シリーズ第2弾!

モツを八丁味噌で煮込んだ「どて」は名古屋名物として有名。豆で作った赤味噌自体、中京地方以外では珍しいものだということを、ナゴヤ人の私は大きくなるまで知らなんだ。

あえて言わしてまうわ。味噌と言えば、赤味噌(豆味噌)!!名古屋人のソウルフードだぎゃ!

タンパク質やビタミン・ミネラルを含み、米味噌より糖分控えめな豆味噌はヘルシーな栄養食!ビタミンEもようさん入っとって疲労回復、活力維持にもってこいだて!

そんな豆味噌をたっぷり使ったオリエンタル「名古屋どてめし」は、温めたらすぐに食べられるお手軽なレトルト製品なんだわ。

豚ホルモンとコンニャクがようけ入っとって、口に含めば「あーそうそうコレコレ!」と身体にしみついた赤味噌への愛着がよみがえるんだて。

しかも八丁味噌に加えてオリエンタルさんオリジナルのマースチャツネも一緒に煮込んだるで、さらに深い味わいになっとる。

ご飯にかければどてめしに、そのまま夕飯の一品や晩酌のお供に。買い置きしとくととても便利な商品だて!

メイドインナゴヤの『オリエンタル 名古屋どてめし』を買おまいて!

『名古屋どてめし』商品紹介ページ
http://www.oriental-curry.co.jp/products/nagoya/pr_nagoya_001.html

 

オリエンタルショッピングサイト
http://www.oriental-shop.jp/

株式会社オリエンタル
http://www.oriental-curry.co.jp/

mamiko

mamiko

名古屋在住のライターです。地元タウン誌からマスコミ広報誌、旅行誌、教育関係誌まで、幅広く携わってきました。「ナゴヤビト」では地元ナゴヤ(東海圏)出身、またはナゴヤでユニークな活動を行っている人々をメインに、グルメ、グッズ、スポットなどを紹介。ナゴヤの隠れた魅力を深堀します。

関連記事

  1. イチビキ2018年春夏新商品『10種の蒸し雑穀サラダ豆』を食べよう!

  2. 『第23回あいち国際女性映画祭 2018 』(9/5(水)-9(日))監督合同記者会見開催

  3. ミツカンの「金のつぶ 梅風味 黒酢たれ」を食べよう!

  4. マルサン×TANITA「オーガニック タニタカフェ監修調整豆乳」を飲もう!

  5. 五平餅を食べよう

  6. 「名古屋の喫茶店完全版」出版記念100店チャレンジその49〜喫茶ニューポピー〜

  7. イチビキ春夏新商品『浅漬けサラダの素 黒酢たまり味』を食べよう!

  8. きよせの「米粉の鬼まんじゅう」を食べよう!

  9. 『餅文総本店 黒ごまわらびういろ』を食べよう!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事Latest Post

  1. 名駅南「カフェテリアLirio」の小倉トースト【小倉トースト部】
  2. 金山「ブラジルコーヒー」のアントースト【小倉トースト部】
  3. 伏見「店長のひとりごと」の小倉ピザ&小倉トースト【小倉トースト部】
  4. 千種「よいことパン」吹上本店の小倉トースト【小倉トースト部】
  5. 花の持つ効果を伝えたい。フラワーアレジメントをリハビリツールとして活用し、人と人…

ま〜ひゃあ〜こんなに買って
まっとるぎゃあ。

これまでに
メイドインナゴヤを
買った合計金額
346,322

書籍紹介books

人気の記事

最近の記事Latest Post

特集 Features

特集一覧

PAGE TOP