『春日井製菓 グリーン豆』を食べよう!

さっくり仕上げたえんどう豆がおつまみにピッタリ!

春日井製菓 グリーン豆

以前紹介したミックス豆菓子『まぜまぜ一番』。その中にももちろん入っとる、春日井製菓さんを代表する商品が、この『グリーン豆』だて。

それこそ子どもの頃からあるお菓子だで、身近すぎてメイドインナゴヤを意識できんかったて。すまんグリーン豆。

買い物行ったスーパーヤマナカさんでグリーン豆をふと見たとき、「そーいやーグリーン豆って春日井製菓だが!」とはたと気づいて、思わずグリーン豆に謝ったが。

うす~い塩味の衣とえんどう豆が無敵のタッグ!

食べなれた味だで改めてレポートちゅうことになるとちょっとやり辛いわ笑。

そこを敢えてやってみるでね。パリポリ。(お茶飲みながら)ふ~!相変わらずうみゃあて~。

揚げたえんどう豆にうすくカリカリの衣がついとって、お塩でしっかり味付けしたる。この3つのバランスがたまらなく絶妙で、ひとつ口に入れるとホントいつまでも止まらんで食べ続けてまうんだわ。

まぜまぜ一番といい、グリーン豆といい、春日井製菓さんの豆菓子の共通項は“止まらん”ということだわな。

カリポリ止まらん美味しさ!
メイドインナゴヤの『春日井製菓 グリーン豆』を食べよまい!

※この商品は…、スーパー、コンビニ、あらゆるお店でよう見かけるで、すぐ見つかる思うわ~。

 

グリーン豆 商品紹介ページ
http://www.kasugai.co.jp/product/bean/4901326013261.html

春日井製菓 株式会社
名古屋市西区花の木一丁目3番14号
http://www.kasugai.co.jp/

商品金額:160

mamiko

mamiko

名古屋在住のライターです。地元タウン誌からマスコミ広報誌、旅行誌、教育関係誌まで、幅広く携わってきました。「ナゴヤビト」では地元ナゴヤ(東海圏)出身、またはナゴヤでユニークな活動を行っている人々をメインに、グルメ、グッズ、スポットなどを紹介。ナゴヤの隠れた魅力を深堀します。

関連記事

  1. 青柳総本家『小倉サンド』を食べよう!

  2. 旬楽膳の「オーガニック・4種のドライベリーミックス」を食べよう!

  3. 井川商店の「白菜キムチ」を食べよう!!

  4. タクセイのプレミアム「とろけるきな粉 」を食べよう!

  5. 『カゴメ GREENS ベリーアサイースムージー』を飲もう!

  6. ロピア 「プチ ティラミス」を食べよう!

  7. 旬楽膳の胡麻んぞくを食べよう!

  8. 東海漬物×TANITA 「タニタ食堂 福神漬け」 を食べよう!

  9. 『ポッカサッポロ わかめスープ』を飲もう!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事Latest Post

  1. 【小倉トースト部】栄「カフェセブン」の小倉トースト
  2. 日本の原風景・棚田百選に選ばれた場所『新城市 四谷の千枚田』
  3. 【小倉トースト部】津島「cafeしょぱん 津島店」のあんしょぱん
  4. 【小倉トースト部】名駅「ST.MORITZ COFFEE STAND」の小倉バタ…
  5. 海の見える森のようちえん かぜのこ代表 越智 久美さん

ま〜ひゃあ〜こんなに買って
まっとるぎゃあ。

これまでに
メイドインナゴヤを
買った合計金額
345,962

書籍紹介books

人気の記事

最近の記事Latest Post

特集 Features

特集一覧

PAGE TOP